スタッフブログ

13. インナーマッスルって何?インナーマッスルとアウターマッスルの違いをわかりやすく解説

2020.03.08

皆さんこんにちは。

いきなりですが、皆さんは「アウターマッスル」や「インナーマッスル」という言葉を聞いたことはありますか?

 

  • 「マッスル」が付いているから筋肉・・・?
  • 聞いたことはあるけど、良くわからない。

という方が多いと思われます。

 

今回は、インナーマッスルアウターマッスルの違いを分かり易く解説していきたいと思います。

 

 

インナーマッスルとアウターマッスル

インナーマッスルもアウターマッスルも、みなさんの身体に付いている筋肉です。

物を持ったり持ち上げたり、立ったり座ったり。

全ての行動に筋肉は使われています。

 

では、なにが違うのか。

まずは役割から解説していきます。

 

アウターマッスルとは

アウターマッスルは、皆さんがいつも見ている身体の表面に付いている筋肉です。

 

腹筋や胸筋など、筋肉トレーニングを行って鍛えているものがアウターマッスルです。

皆さんの言う筋肉とは、大抵がアウターマッスルを指しているかと思われます。

 

アウターマッスルの特徴

アウターマッスルは大きな動きをする事に長けています。

重い物を一瞬で持ち上げたり、何かを引っ張ったり。

ですが、その分持久力がありません。

 

 

インナーマッスルとは

インナーマッスルはアウターマッスルとは逆で、見えない筋肉です。

身体の奥深くに存在する筋肉で、「体幹」と呼ばれることもあります。

 

インナーマッスルの特徴

インナーマッスルはアウターマッスルとは違い、大きくありません。

その為、重い物を持ち上げたりするのは得意ではありません。

 

ですが、インナーマッスルは関節の安定や内臓の安定をサポートします。

何か身体を動かす際にも姿勢の維持や動作のサポートをしてくれています。

 

 

どちらかが偏るとどうなる・・・?

アウターマッスルを意識した筋肉トレーニングばかりを行っていると、筋肉のバランスが偏ってしまいます。

アウターマッスルばかりを鍛えてしまい、インナーマッスルを鍛えないでいると、
関節を痛めたり、骨に負担がかかってしまったりします。

筋肉トレーニングをする際はインナーマッスルもアウターマッスルもバランス良く鍛えるようにしましょう。

 

 

インナーマッスルとアウターマッスルの違いをまとめると・・・

 

  • アウターマッスルは表面の筋肉、インナーマッスルは身体の奥深くにある筋肉
  • アウターマッスルはパワー、インナーマッスルはバランス
  • どちらも必要不可欠。バランスが大事

 

実は、筋トレとピラティスは相性抜群なのです。

詳しくは「ピラティスと筋トレは相性抜群!」で解説しているので興味のある方は読んでみて下さい♪

 

 

現在、HPリニューアルに伴いプレミアムタイムキャンペーンを実施しています。

プレミアムタイムプランでは、インナーマッスルを鍛えるピラティス、アウターマッスルを鍛えるTRXが受講可能です。

その他、様々なレッスンをお得に受講することが可能となっております。

 

詳しくは以下のバナーをクリック!

お問合わせはお気軽にどうぞ

体験申込