ピラティスについて

怪我をしない、疲れない体を作る。
ピラティスは、70年前にジョセフ・ピラティス氏によって考案されたリハビリ用のエクササイズです。
怪我をした方、高齢の方が手軽に鍛えられる運動法として誕生しました。
今やアスリートやダンサーが、疲れにくい体を作るエクササイズとして取り入れています。
ピラティスボディがピラティスで大切にしている3つのポイントご紹介します。
01.

ピラティスは背骨が要。

背骨を整え、柔らかく。

ジョセフ・ピラティス氏は「背骨の柔らかさが実年齢」と言っています。
背骨は「体を支える」「体を動かす」「神経の保護」の役割をもっており、26個の椎骨(ついこつ)と、椎骨の間のクッションが体を支え、動かしています。
背骨が硬いと、突然の動きに痛みが走ったり、背骨にかかる力を分散できずに姿勢が悪くなります。
背骨を柔らかくすることで、周辺の筋肉がしなやかになり、怪我をしにくい疲れにくい身体を目指します。
02.

ピラティスは体の中を意識する。

正しい姿勢と呼吸を手に入れる。

正しく立ち、呼吸をすると内臓が正しい位置で動くことができます。内臓が動くと代謝が良くなり、血流がよくなります。血流が良いと筋肉の動きがよくなります。
血流が良いと、冷え性、腰痛肩こりの改善も期待できます。
ピラティスボディでは、正しい姿勢と呼吸を学ぶことで、疲れない体を目指します。美しい姿勢を維持し、人を笑顔にするピラティスで健康で自信に満ちた自分を手に入れましょう!

ピラティスは体の中を意識する。

よくヨガとの違いを聞かれます。呼吸と姿勢が大切なのはどちらも変わりません。
「ヨガ」は腹式呼吸で精神的にリラックスをしながら体を動かしていきます。
「ピラティス」は胸式呼吸で体を動かします。筋肉を意識するとで神経を活性化させます。ヨガと比べてハードな動きもありますが、より体への効果を感じることができます。
03.

ピラティスで人生を変える。

80歳まで動ける体を目指す。

年齢を重ねると「膝、腰が痛い」「肩が上がらない」との声をよく聞きます。
痛みがなく、動けるだけで、人生を楽しむ意欲が湧いてきます。
ピラティスボディでは、お客様に合った体作りをご提案します。
一緒に80歳まで動ける体を目指しませんか?
Pilates Bodyでは3つのことを大切にしています
オープン当初から変わらずに持ち続けている気持ちがあります。

お客様に寄り添う。

ピラティスメソッドを学び、誰よりもピラティスの効果を感じているプロフェッショナル・インストラクターが、お客様の体づくりをお手伝いします。
お客様の心に寄り添いながら、体のサポートし、、専門的な角度からご提案していきます。

情報

常に最先端のことを。

創始者が掲げていた基本を忠実に守りながら、最新の運動学を取り入れているのがPilates Bodyの特徴!です。
美しい姿勢づくりについて、解剖学の知識や精神的な気づき、最先端の脳研究に至るまで…体を動かすのに知って頂きたい情報をお伝えします。

空間

心地よい場所と時間。

地域の皆様に支えられ3店舗「大和西大寺スタジオ」「大和郡山スタジオ」「学園前スタジオ」を運営しています。
体を動かすことに集中できる、清潔で落ち着いた空間です。
大和西大寺スタジオでは、より体を鍛えたい方の為にピラティス専用マシンをご用意しています。
まずは体験レッスン
お気軽にお問い合わせください。
見学&体験レッスン

お問合わせはお気軽にどうぞ

体験申込